遂に完成しました・・・   

以前アイザではオリジナルの商品開発もしていることは
お話ししましたが、

成分講習をして頂いたり、予約のとれないサロンでご紹介しましたサロンさんの
オリジナルシャンプーが完成しました。
c0092769_2214690.jpg


レベルの高い美容師肌のプロが考えたシャンプー剤です。

そのシャンプーは~

成分から徹底的にこだわりそして工場や研究員まで拘ったシャンプーです。c0092769_22153027.jpg
工場も化粧品製造に関してはプロフェッショナルなのですが
シャンプー剤は実は初めて!!!

えっ!~なんでシャンプーを作った事のない工場にお願いしたの?
そうなんです。
そこが実は大切なところなのです。

通常は長年シャンプーを作っている研究員がいる工場のほうが
カンタンにシャンプーは作れます。

しかし・・・

そこが新しいコンセプトで今までに無いものを創りだす時には
ネックになるのです。

経験豊富な研究員の過去の実績や経験が邪魔をして

新しい発想になれないのでどうしても無難な商品になってしまうのです。

そこで経験のない(化粧品は腐るほど作っている)研究員がいる
工場に最終的にお願いしたわけです。

そうなると依頼側の拘りを何とか商品にできないかという素直な姿勢で
商品開発に取り掛かれるのです。

基準がないので全て新しいチャレンジです。

依頼者の思いを全て取り入れた商品開発ができるのです。
そして遂に今までのシャンプーとは発想が違うシャンプーが完成したのです。

いつの間にか過去の成功をひきずり
新しい事にチャレンジできなくなる人は少なくないはず。
守りの姿勢というか安定を望んでしまうのですね。

今回のシャンプーはその入り口から全く違うのです!

①化粧品製造に長けた研究員が処方しているので髪もさることながら肌にも優れた安全性が
  ある。

②依頼者は様々なメーカーの商品検証にたずさわっている現役の美容師であり
 予約が取れないくらいお客様からも指示がある本物
 そして、成分にも詳しい・・・

③アイザスタッフでもテスト済み

と今のところ非の打ち所が見当たらないシャンプー剤です。

良いシャンプーって?の根本から考えた商品だと思います。

この価値基準がご理解いただけるサロン様だけに商品は販売させていただこうと思っています。(ゴメンナサイ)

何故なら、髪の痛みや、アトピーなどの肌トラブル、肌の弱いお子さん等をかかえている悩める方を少しでも救って頂けるサロンさんでしか理解できない次元のシャンプー剤だからです。

当然7日間使い続けていただければ、その良さは十分に素人でも納得できるのですが、
売る側の考え方が重要なのです。

売れるものをただ売るのではなく、何のために良い商品、良いアフタケアーが必要なのか、
どのような成分を使用しているシャンプー剤が良いのか等の正しい知識をお客様に伝える
サロンさんをこの商品は望んでいるからです。

ご理解いただける方はアイザまでお問合わせ下さい!

そうそう・・・
商品名ははるかかなたまで美しくという思いで「HARUKA」という名前です。
「HARUKA」使ってみたいといってください。
成分講習やシャンプーの講習をさせて頂いてからになりますが、お取扱い頂けます。
[PR]

# by happyiza | 2006-10-25 22:19 | 新商品テストにて

陶芸家 小峰氏の個展に行ってきました   

今日は火曜日、天気は雨模様です。
やや肌寒い日ですが11月14日の講演をお願いしています
陶芸家の小峰氏の個展を見学してきました。

小峰氏は暖かく私を迎え入れてくれました。
そして作品に対する話を熱く語ってくれました。

以前セミナーにあたりインタビューに小峰氏の窯元まで行ったときには
まだ火に入れていなかった作品が完成して並んでいたのにも感動しました。
c0092769_213392.jpgc0092769_215033.jpg











小峰氏の話の中で
「品格のある作品を作る」
には~と言う事を聞かされ

これは美容室にも言えるな!というヒントを頂きました。
皆さんはどうしたら品格ある作品が作れると思いますか?

実はそれは技術でもなく
「作る人の品格を高めること」だそうです。

確かに・・・・・

例えば音楽の世界でも
バッハの曲を弾くには
キリストの考え方や、その行動も人の模範となる行動を取れて始めて
その音が出せる。

要するに世界的な水準までいくと人間性が音に現れるようです。

そして品格を身につけるということは
自己欲を捨て去れるかどうかという事です。
自分本位で物事を判断するのではなく、
相手本位で行動ができる人格を身につけることだそうです。

技術や知識はある領域まで来ると限界が見えてきます。
その限界を超えるには
価値観を高めるしかないようです。
それは、どの職種においても共通だという事ですね。

一流に触れると一流たる理由がその人の言葉や
行動から沢山学ぶ事があります。

ですから、美容師さんの作るヘアスタイルもきっと
その人の人間性や常日頃の行動が出ているのではないでしょうか?

あの野球界の一郎選手も
何となく高い思想を感じませんか・・・?

                         セキカワ
[PR]

# by happyiza | 2006-10-25 02:06 | イベント報告

佐賀のがばいばあちゃん映画体験   

観てきました。
一言・・・よかった~(T_T)
今回はスタッフのフルちゃんと一緒に行ったのですが
2人で涙ボロボロでした。

人との係わり合い

親子の愛情の深さc0092769_9405659.jpg

祖母と孫の2人だけの生活で築かれる家族愛

生徒と教師達の心の通う教育

・・・今こんな気持ちで人と関わりあえているか?

欲に駆られ、私利私欲を満たしきれない人が多い世の中
モノやお金じゃない!

毎日明るく前向きに生きる事
それが人間らしい生き方なんじゃないかと感じる映画でした。

「悲しい話は夜するな。どんなにつらい話も、昼したら大したことない」
「今のうち貧乏しとけ。金持ちになったら大変よ。よかもん食べたり、旅行に行ったり、忙しか。」
「この世の中、拾うもんはあっても、捨てるもんはなかとばい」

やや原作とは違いますが
とっても良かったですよ(^.^)

機会がありましたら是非皆さんも観るといいですね。。。
映画情報はここをクリック!

                    佐賀のがばいばあちゃん 

                          セキカワ
[PR]

# by happyiza | 2006-10-23 09:42 | イベント報告

J-CUT   

J-CUT   9月26日(火)第2回目        
今回で2回目をむかえました。今日はあいにくの雨の中みなさん参加してくれました。

■【美意識の核】
美意識が決まると価値観も決まってしまう。ジュン先生はお買い物をするときに一生使えるものを選ぶらしい。例えばペン。それがたとえ高価なものでも自分の美意識にあえば買う価値がある。逆に美意識がガッチリ合えば三千円のものでも構わない。
つまり、高い安いでは買わないという価値観を持っているようです。
自分の美意識を確認してみよう!!
・雑誌を見たりしてかっこいいなと思う写真を切り取ってスクラップしておく。
・それを毎月繰り返し半年続けて、半年ごとに一旦整理する。もったいなくてもそのときにカッコ悪いと感じたものは捨てる。
・柔軟性を持ち、残ったものを一個づつ見つめ直す。そのときには共通のものがみつかるはず。残った共通のものが自分の美意識に近いと言える。
・一年・三年・五年・ずっと繰り返しつづけるとよい。
五年間ためたものを検証したとき、そのときにはいいなと思っていても何年後かに見たときにいいとは限らないはず。品を求め続ける事。

■前回の宿題の発表です。
課題
TAKAKO  24歳  美容師(チーフスタイリスト)
3色以上のカラーをしてアレンジすること。

11の作品がそろいました。

c0092769_9414679.jpg

ジュン先生が選んだ3作品はコチラ。
c0092769_9424435.jpg

c0092769_9442148.jpg
c0092769_9444339.jpg

c0092769_9493062.jpg

今回の優秀作品は・・・
c0092769_943174.jpg

おめでとうございます。  (パチパチパチパチ)
c0092769_9431698.jpg

今回のプレゼントは何かな~~~~。


■今日のカットテーマ(ぶっかけ?)
前回の応用編でショートのベールを勉強します。

ジュン先生のお手本はコチラ

c0092769_9584049.jpg

■次回の宿題
品>カジュアル>強い女
ハンドブロー+スタイリング
カジュアルの中の品・今年の秋冬の東京コレクション

◆まとめ
今日はジュン先生のお友達の〔日々輝塾〕江部さんが来てくれました。色々ためになるお話をしてくださりありがとうございました。さらに今日はなんと名古屋からもお客さんが来ました。古川さんという保険のお仕事をしながら、中村文昭先生のお手伝いをしている方です。実際にジュン先生に会うのは今日がはじめてのようですが、関東にいるならどうしてもお会いしたいと飛んできたんですよ。アイザがまた、新しい出会いの場になってしまいました。他の講習では見れない光景かなとちょっと思いました。毎回進化しつづけているジュン先生の講習は、技術はもちろん、楽しく学べて、やや?下ネタもあり(ぶっかけ)とても良い講習ですよ。
ジュン先生、また来月もよろしくお願いします。

By 三
[PR]

# by happyiza | 2006-09-27 09:27 | 講習会に参加して

おなじみア●ランス♪美容室が相談窓口!   

c0092769_2221654.jpg

この日は超有名企業「ア●ランス」の営業さんによる、商品説明会でした。


写真は、実際に自分用のカツラを制作するときに行う「型取り」を体験してもらった様子なんです。
c0092769_2223213.jpg


上:温めたシリコン盤をギューっと頭に押し付ける。
中:周囲をバンドで固定。マーキングします。
下:冷めるとごらんの通りwオーダーハット?の出来上がり♪


シリコン盤は、初めはプラスチックのように硬いのに、しばらく電気で温めるとあらあらビックリ♪
透き通ってフニャフニャ~っとなってしまうんですよw


写真のモデルさんは取引先の美容師さんなんで、顔はチョイ消ししておきます・・・w
(思いきりわかってしまう人もいるでしょうけどw)

c0092769_2224456.jpg
出来上がったシリコン型はまるで帽子のようですね。
これがまた骨格にジャストフィットしてるので、かぶったまま
頭を((((;゚Д゚)))ブルブル~!!っと振ってもズレない 笑

そして完全フルオーダーのアデランスなわけですが、なんとこの「型取り&見積もり」までは無料!!
これが今は美容室でも出来るんです。


また意外と女性の需要が多いんですって。
良くテレビで「イヴクイーン」とか宣伝してるし、女性のほうが積極的に恥ずかしがらずに試してみるらしいです。

男性は奥さんと一緒に相談に来る人は作れる可能性大♪
一人で来る人の大半は家で奥さんに大反対されて作れないとか・・・。

まあ、つまり黙って作れるほど安いもんではないって事です( ̄▽ ̄)




50~60代が需要の中心だそうですから、
今後の高齢化社会の、まさに自分たちが高齢者になった時に備えて・・・

必要そうな人は、ヅラ貯金しとくことをオススメしますwww



・・・っとビジネスのお話も少しだけ。

ぜひあなたのお店でも、ご相談受付けしてあげてみませんか??
美容室側からも上手にアプローチしていないだけで需要はとてもあるはずです。

なんせ約450億円企業だというのですから。


むずかしい申し込みなどはありません。今回ご紹介した無料見積もりの体験をお客様にお話してもよし。「アデランス取扱店」のステッカーを貼っておくだけでもよし。

ご希望があれば、今回ご紹介したような説明会の機会も設けさせて頂きますので、各担当営業にご相談くださいませ♪


レポートbyゆさ
[PR]

# by happyiza | 2006-09-15 22:31 | 講習会に参加して

シャンプー成分講習に参加して   

本日は2回目の成分講習です。
第1回は7月15日に行われ、
内容としては適切なアフターケア剤を使うにあたって、
素材(毛髪)のメカニズムは?
何をすると傷むの?
といった勉強をしました。

これを知らないと適切なアフターケア剤なんて見つけられませんよね!

というわけで、本日はアフターケア剤(シャンプー)の判断基準についての勉強をしました。

何故アフターケアが必要なのか? c0092769_10234485.jpg  
それは

『お客様の求める美に近づけるため』

『お客様の求める品質を持続するため』

なんですね。

ではどうやって適切なケア剤を見極めるのか?

先にNG基準として・・・

①イメージだけ

②香りだけ

③価格だけ

④手触りだけ

⑤自分の好みだけ


この中の1つだけで判断しては適切なケア剤なんて見極められませんよね!

見極め

その①『成分から判断する』

その②『自分たちで使い込んでみる』

その後は、シャンプーボトルの裏面に記載されている、内容成分を勉強しました。

感想としては・・・
自分たちディーラーも美容師もお客様にケア剤をすすめる立場として、もっと勉強が必要だと思いました。お客様の知識レベルも上がってますし・・・。

人・髪に優しいプロ思考の商品を見極めて、お客様の素材を守ってあげましょう。

                    by 岡野
[PR]

# by happyiza | 2006-09-07 11:40 | 講習会に参加して

オリジナル商品開発に携わり   

                      シャンプー開発

只今、ある美容室のオリジナルシャンプーの開発中です。
アイザでは化粧品製造工場の方と、
美容師さんの夢を形にするお手伝いをさせて頂いています。
c0092769_232601.jpg

現在は、メチャメチャ成分に詳しいある美容師さんの夢
「このシャンプーだったら、どんな方でも安心して使用できます!」
というシャンプーを開発中です。

今日はある程度中身が完成したのでスタッフにモニターをかけています。

アイザのシャンプーの基準は・・・
『売れるものではなく、良いものを作る』
『そして7つの基準があります』

売れてるシャンプーって・・・
香りが良い
手触りが良い
安い
が基準のような気がします。

ドラッグストアーでも、サロン専売品でもそうですね。

でもホントに髪や、肌にいいの?

答えは殆どのシャンプー剤はNGです。
売れているものでも、そのNG商品の中に入ってしまうのが多いのです。

ドラッグストアーでも、サロン専売品でもです。

アイザでは髪、肌に良いシャンプー成分から拘りサロンさんの考えを取り入れそれを形にしていきます。
もちろん、そのためにはサロンさんでも成分知識も勉強して頂きます。

だって、髪の専門家がシャンプーの成分もわからないで
手触りや香りだけで
「これは新商品ですごく良いシャンプーです!」
なんて・・・

貴方はそんなサロンで勧められるシャンプー買いたいと思いますか?
確かに、香りや手触りは重要ですし、金額もバカになりません。

でも、プロが髪や肌の事を考えたシャンプーを取扱わなければ
シャンプーを買うのはドラックストアーで充分ですね。

プロとしてお客様に勧めるにふさわしいアフターケア剤は
病院の薬と同じです。

貴方の髪、肌そしてヘアデザインを守る処方箋を組んだシャンプーが欲しいものですね(^.^)


                        by せきかわ
[PR]

# by happyiza | 2006-09-01 23:35 | 新商品テストにて