カテゴリ:ためになるコネタ( 4 )   

勉強する事について   

9月4日アイザでは還元剤を知るための勉強会を予定しています。
何故か・・・?

先ず自分がパーマをかけられる立場、それもお金を払ってかける事をイメージしてください。

こんな感じにココにボリュームを出して

それにココは少しカールを出して

大体こんなカールで

仕上がりはこんなイメージに

質感はン~
弾力があって・・・サラサラ

ツヤツヤ・・・

イメージできましたか?

ではそのイメージにするためにどうした方がいのか考えていきましょう。

今の貴方の髪質やダメージレベルにパーマをかけます。

カットやワインディングは完璧とします。

使う薬剤は?

A社のパーマ液? B社のパーマ液

選んだ理由は・・・?

ホントにそのパーマ液がベストなのですか?
何故使ったのかそれじゃないと何故いけないのか?

人に納得のいく説明できますか?

多くの美容師の前でこれです!!!
と自信をもって説明できますか?

自信がなければ本来お客様にも使ってはいけませんよね。

使っているとしたら単なる感でしかなく、外れる事もあるということです。
それも高確率で。

いやそこまでは外さないよ!
そうおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、

お金を払うお客様にその事実(何となく感で薬剤を決めている)ことを言えますか?

それで、お役様は安心してパーマを任せるでしょうか?

勉強とは本来そのようなところを明確にし、人に説明が出来て
実際にも結果をだすためにする
必要な知識やテクニックを身につけることだと思います。

どんな人たとえば
レーシングドライバー
スポーツ選手
・・・

道具にこだわり
道具の使い方を必死にトレーニングしています。

薬剤はそれとまったく同じです。

ですので、知らないという事はプロとして半人前
そういう考え方が出来たのであれば
勉強する事は沢山あります。
いい勉強を沢山して
狙った結果が出せ

結果お客様が喜んでくれるのではないのでしょうか?
[PR]

by happyiza | 2007-07-20 00:38 | ためになるコネタ

新規成分『ペリセア』とは・・・   

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)

今まで難しいとされてきた、毛髪内部の補修成分が
『ペリセア』で
旭化成ケミカル株式会社により2006年5月に開発された、
天然の脂肪酸とアミノ酸からつくられた浸透性の高い
皮膚・毛髪の高機能ダメージケア素材と言われるもので、
「傷んだ髪に極めて短時間で浸透しダメージを修復」させる
新素材の化粧品原料として注目されています。

『ペリセア』は脂肪酸と複数のアミノ酸(ペプチド)を、世界で初めてジェミニ型(双子型)両新媒性物質として結合させた新素材です。
●ジェミニ型両新媒性物質
 複数の疎水基と親水基を双子型の構造に結合させたもので、一般的な両新媒性物質よりもはるかに優れた機能を有すると考えられています。
●両親媒性物質
 水になじみ易い部分となじみ難い部分を併せ持った分子。
 (シャボン玉・マヨネーズ・細胞膜など)


【「ペリセア」のヘアケア機能と効果】
①1分間程度の短時間で毛髪内部に浸透します。
②毛髪の強度や水分量を健康な状態に戻し、更に、ダメージでやせた毛髪の太さも回復させ、毛髪にハリやコシを与えます。
③毛髪表面もコートしキューティクルのリフトアップを抑制し、毛髪のスベリ性を改善します。
④植物由来原料からつくられた「ペリセア」は、生分解性に優れた地球環境に優しい商品です。


ということで、アイザでも昨年から注目していましたが

どのような使用方法が一番良いのか?

はたしてサロンさんに良さが実感できるのか?

が心配でしたが、ココに来て
数社メーカーさんもペリセア配合の商品を発売してきました。

ではアイザでその商品を取扱うか・・・?

答えはNOです。

既製品を販売するのであれば
原料レベルの商品の方が
コストも下がり
理美容師さんの知識次第で
様々なことが可能となりますので

『原料』を販売することとなりました。


現在のオススメ使用方法~~~
①原液
パーマ液1剤・2剤へ1%配合

②1%水溶液
炭酸トリートメント(100):ペリセア(1)
前処理・中間・後処理

③混合液
炭酸トリートメント(100):ペリセア(1):コラーゲン(5):ベタイン(2)
前処理
*サロン様情報より

ペリセアにより毛髪内部の補修が可能となりますので、その他中間・外側の補修及び防御は、従来のPPTで行う感じになります。
さらに多くのサロン様にご愛用頂いております
アンバーシールドを使用すると
相乗効果が増大するため、今までにない補修が可能になると思われます。
[PR]

by happyiza | 2007-03-08 00:48 | ためになるコネタ

2007-2008秋冬コレクション続々と。   

先月からファッション業界では2007-2008秋冬コレクションが始まっていますね。

理美容業界にとってはとても重要なトレンド情報にもなり得るわけです。

要チェックですよ!


先日、チェックしたパリコレではジャン・ポール・ゴルチェの30周年記念も兼ねたショーが行われていました。
今までの30年を振り返るコレクションと、新作コレクションの2部構成でゴージャスでしたね。
新作の、セクシーさを加えたスポーツラインがカッコよかったです( ゚д゚)

主なスケジュールは、
ニューヨーク 2月3日~2月10日
ミラノ 2月18日~2月25日
パリ 2月26日~3月5日
東京 3月12日~3月17日

となっています。

まもなく東京コレクションもはじまりますね。

J-CUT講師の川根順史先生も注目しているというこのコレクション、

卒業生・受講生・受講予定者の皆さんはぜひチェックしてくださいね!


by ゆさ
[PR]

by happyiza | 2007-03-02 10:44 | ためになるコネタ

今年もはや1ヶ月が経とうとしています~   

 昨年は前年対比減のサロンが9割というなんともさびし~年でした。
皆さんはどうでした?
そこでよかった!方も、チョット厳しかったなぁ~という方にも
元気になる話題をお知らせいたします(^.^)

 アイザでは1月21日から大きな担当変えを行いました。
目的はスタッフの個々の得意分野をもっと伸ばし、責任感を持つことです。
つまり、この仕事は他の誰よりも自分が適任、自分がこの仕事の質を上げていかなければ会社はその分野は弱くなる!というくらいの気持ちを持ってもらいたいからです。
 責任と自分は何をしなければいけないのか?という目的意識と、苦手な分野でフラストレーションを貯めるのであれば、得意分野で楽しく仕事をしてもらいたいからです。
 そんなこんなで担当がえを思いっきりしました。

そのおかげで、私は昔担当していたサロンさん数件をまた担当できる事になりました。
そして、挨拶もかねて色々なお話をさせて頂いているのですが、その中で
「是非、是非やってください!」という話題があったのです。
それは「値上げ」をするというサロンさんです。
昨今、本当に業界は寒々としています。
殆どのサロンオーナーは厳しくなってきたから少し値段を下げようかな?
なんて、考えているようですが
アイザでは絶対に反対です!

誤解されないように・・・
ロープライスの経営手段もありで、世の中には必要だと思います。
しかし、アイザではその方向で業務を進めていないだけ、アイザの価値観には合わないだけですので。

何故なら~
理美容室は製造販売業です。
つまり、品質価値自由自在に高めることが出来る業種です。
努力次第で値段はつけられるからです。
それなので、「値段を下げる」=「努力しない!宣言」と思ってしまうのです。
ですので、こんな時代でも「値上げ」は大賛成!!
値上げは自分達を追い込む事で、その金額に見合った質の仕事をしなければいけなくなります。
消費者はシビヤにサロンを観察し、評価しています。
その評価基準を更に厳しく自らするこの心意気!・・・さすがです。
絶対に成功して頂きたいと思います。
皆さんの中にもきっと~
技術やサービスの安売りはしたくは無いというお考えはあると思います。
ただ、リスクを考えると・・・

どれ位のことをしないといけないのか分らない・・・?

チェーン店や他が気になる・・・?

とりあえず客数が欲しい・・・。

とりあえず売上を上げないと・・・。

など、心のあせりとの戦いがあると思いますが
是非今回ご紹介したサロンさんのような挑戦をして欲しいと思います。
そして、そのために私達アイザは存在しているのですから(^。^)

                            セキカワ
[PR]

by happyiza | 2007-01-29 01:57 | ためになるコネタ